解雇認定

介護/介助には本人の不具合によって認定度が異なるその度合いによって公式に国からの補助やサポートも異なる

介護を始めた頃は全く知らなかった。

偶友人の親御さんが介護の対象者だった為色ご教示頂きケアマネージャーの存在と共に補助して頂ける範囲等を学んだ。

紙オムツが無償で提供される事すら知らなかった。

それらは各家庭の事情や福祉を有無収入等加味されている場合も有るが基本的には介護の必要な高齢者の不具合度合いが基準の様だ。

私は未だしっかり把握していないのだが

沐浴を例に取れば

移動組み立て式浴槽が持ち込まれベッドの脇に設置されお湯を沸かす車から我が家の水道を通して洗髪/入浴/着替え34人のヘルパーさんが丁寧に入浴のサポートをして下さる(所要時間1時間位)

しかし場合によってらヘルパーさん1人だけで自宅の浴室で施される方もいらっしゃるらしい。

利用出来るサポートは介護度合いの点数によって異なると

リハビリ/マッサージ/オムツ交換代理etc

未だご存知無い方はケアマネージャーさんに連絡/相談して介護の負担を少しでも軽減される事をお勧めする。

私達の支払っている税金

有効活用して

高齢者が少しでも快適に余生を送れる様にしてあげられたら良いと思う。

でも疲れるね(;)

広告を非表示にする