加戸氏が明らかなにするマスコミ共の真実

マスコミが報道しようとしない加戸氏の語る加計学園の真実。

NHKは公共放送と言うが、その看板は

もう降ろした方が良い

のであろう。

櫻井よしこ氏が毎週金曜日に配信しているインターネットニュース番組言論テレビ櫻に出演した

加戸守行前愛媛県知事は番組中で

NHKに同じ意図の質問を4回もされた。結局、一切使わない。NHKもTBS並みになってきた

と、NHKに強烈な批判を浴びせたと言う。

前川喜平は加戸氏が教育再生会議の委員に任命された経緯について

安倍首相の働きかけがあった

と、TBS等に証言していた。NHKがその後追いで加戸氏に

加戸さんは頼まれて、教育再生会議獣医学部の話をしたんですか?

と、事実関係を質問する事自体は悪い事ではないだろう。いや、寧ろ当然と言うべきか。

だが、問題はその後で、

そんなことあるわけないだろと否定したら別の話をする。しばらくすると加戸さんは頼まれて発言したんじゃないですよねって4回も同じことを聞かれた

と、加戸氏に言わしめるその取材方法であろう。

マスコミとはそういうもの。

この時点でNHKは加戸氏に対して

前川喜平の証言が正しかった

と言う前提で質問に入っている。前川喜平の証言が他の客観的な証拠で証明されているなら兎も角、それを否定した加戸氏の証言を報道しない時点で

公正公平な報道をするつもりがない

事がよく判る。その観点からはNHKが加戸氏に期待したのは

加戸氏が教育再生委員に任命された経緯が前川証言通りかどうか

ではなく、

前川証言の裏付け

そのものだった、と言う事だと言える。

法律違反が前提で番組を作ることの意味。

加計学園の一件は

安倍政権が加計ありきで動いていた

のではなく、マスコミ共が

安倍政権が加計ありきで動いていた、と言う結論ありき

で取材、報道しているだけに過ぎない。勿論この件で大騒ぎしている民進党を筆頭にしたクソ野党もこの愚物集団と同じ穴の狢でしかない。NHKが加戸氏に取材して目論んだ筋書きは

前川証言は信用できる加戸氏の教育再生委員就任は安倍首相の働きかけがあっただから加計学園も安倍首相の働きかけがあったに違いない

と言う奇妙な三段論法なのだろうが、最初の前川証言は信用できると言う点は客観的な証拠で証明されている訳ではないし、最後の加計学園も安倍首相の働きかけがあったに違いないと言うのもマスコミ共の勝手な憶測の域を出ない。だからNHKは点と点を結ぶものとして加戸氏の証言を悪用しようと企んだのであろう。だが、加戸氏の証言はNHKの期待に沿うものではなかった。それはNHKの描いた

そういう筋書き

にはは使えないものだった。だから

使わなかったのではなく使えなかった

のである。

NHKは公共放送と言う看板を掲げてこの様な事を行っていたのである。看板の分だけ民放より質が悪いと言うよりない。こんな腐った公共放送があって良いはずもない。いっそ国営放送として放送法を遵守して放送する機関に生まれ変わらせるべきであろう。こういう事を民放が日常茶飯事で行っている、と言うなら、

明らかな放送法違反

案件だ。免許剥奪、停波と言った罰則を厳格に運用出来るシステムにしない限り、マスコミ共は何処であれ、こういう事は繰り返し、国民に真実が伝わる事はない。安倍首相にはそういう所にメスを入れる改革を是非とも実現させて頂きたい、と思うのである。

NHKだけでなく、マスコミはその意味を考えて、結論を反映させた行動を取ることが求められるが、それこそマスコミ共には出来ない事である。