集中する(暑さしのぎ)

暑い日が続いております。

心頭滅却すれば火もまた涼し」ということばを聞かれたことがあると思います。

無念無想の境地にあれば、どんな苦痛も苦痛と感じないという意味だそうです。

戦国時代に快川 紹喜(かいせん じょうき)という僧侶が、信長に敵対した六角義弼という人らをかくまって、織田軍の引渡し要求を拒否し焼き全ての僧が焼き殺されました。

その時に快川紹喜和尚が残した辞世の句が『安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も亦た涼し』です。

確かに集中すると暑さもしのぎやすくなるようです。

逆になんにもしないでいると余計暑く感じるようです。

語りや朗読をやっていると少しは凌ぎやすくなりそうです。

お腹をウンと凹ませるというのもありでしょう。