我が家の鉄棒とうんてい

うちの息子は一人っ子。今のところ一人っ子。

だけど、おそらく今後も一人っ子。

親のエゴですが、訳あってうちの夫婦は一人っ子で行こう!という方向で一致しています

時、息子に申し訳ないような気持ちになることがありまして、

一人っ子のデメリットが最小に

一人っ子のメリットが最大に

なるように努めます

中でも心がけているのが、友達と遊ぶ機会を多くすること

園庭や公園で遊ぶのは当たり前ですが、

暑さや寒さの顕著な日本正直、公園に長時間いるのは辛いみんな辛い。下の子が幼かったり妊娠してたりするママは余計辛い

なので、あえて我が家を溜まり場に

我が家が定番の溜まり場なら、気軽にみんなを誘えますみんなが遊びに来たくなる家を目指し、邁進すること5年。立派な溜まり場に成長。笑先日は子供10人&ママ5人が遊びに来てくれて我が家の最大収容人数の記録が更新されました!

うちに遊びに来てくれるみんなの、1番人気の遊具は

夫婦で手作りして、リビング横の和室に設置した、うんてい&鉄棒ネットで設計図を購入してイレクターパイプで作りました

高さが自由自在に変えられ、マットやクッションがひきつめてあり、子供たちが落ちても痛くないからか、子供達はみーーーんなここで、日鉄棒の練習をしたり、うんていをしたりと元気に遊んでいます先日は子供11人が列をつくって順番待ちをしていた可愛さに笑ってしまいました。

前回りや逆上がりのできない子でも、うちでできるようになった子のなんと多いことか今年だけでも10人以上が、うちで前回りや逆上がりを修得して笑顔で帰って行きました

前回りが怖い子も、幼児のウエストの高さの棒や、胸の高さの棒など何段階もの鉄棒があるため、足をつけたまま棒に布団のようにかかったりとスモールステップが踏めてすぐできるようになります。ちなみにポコは鉄棒を作った当日の3歳で前回りができるようになりました

部屋の壁を蹴って、壁蹴り逆上がりの練習ができるので、ポコは逆上がりが4歳でできるようになりました。ちなみに、あそびに来たお友達も壁蹴り逆上がりなら5回ぐらいうちに来てる子はみんな修得しています

うんていも、ポコは今では一本飛ばしは当たり前の感じでできます

公園や園庭と大きく違うのは、

それらよりもよりスモールサイズであること。そして、落ちても痛くない状況があるから、失敗を恐れずに挑戦する勇気が出ること

この、うんてい&鉄棒が私に教えてくれたのは、子供の運動神経を育てるのは、適切な環境だということ

失敗しても大丈夫そう。これぐらいならできそう。子供達は、小さな挑戦を繰り返して成長する。いきなり大きな挑戦はできない。

私たち大人がするべきことは、子供がいつでも安心して身体を動かし、挑戦できる環境を整えることだけ

体操教室も体育の時間も所詮1時間。

我が家に遊びに来た子は10時から5時まで7時間

他のおもちゃで遊んだり、庭でプールしたり、泥遊びしたり、ご飯食べたり、しながらも、何度も何度も鉄棒に並び、挑み、できるようになって帰っていった子供達をみて子供ってすごいなって心底思いました。

今後も一人っ子のポコのためにも、たくさんの子が我が家に遊びに来てくれますように

ポチッとよろしくお願いします()

にほんブログ村